FC2ブログ

サウンドシャイ

昨日の話題ですが。



DSC_1902 (479x640)
ボーダーのラッキーくんのお散歩がありました。
夕方にお迎えに行って、ぎょぎょ!

このところお迎えに行くとHouseをものの見事に壊して、室内脱走しているラッキーくんでしたが、先日わたしが補強したせいか、Houseは壊れていなかったものの、ラッキーくんの鼻がえらいことに。

ラッキーくん宅の前で、工事が始まり、その音を怖がって、落ち着かなくなってしまったそう。
工事の音が、家の中でも聞こえにくいところにHouseを設置しているのですが、それでも伝わるものは伝わってしまうのでしょうね。
パニックを起こしてHouseを壊して(それでなくても、もともと壊しグセがあります)、部屋の中をうろうろ。
なにをするかわからないので、できればある程度区切られた空間にいたほうがいいのですが、2階にも行き放題のお家。
そういうときは家の中を走り回っているのでしょうね。
なにかあっても大丈夫なように危険なものはラッキーの手の届かないところに置いていただいています。


でも今回はHouseが壊れなかったかわりに、House内でバタバタして、水はこぼす、Houseごと移動する、くわえてHouseをむりやり開けようとして鼻の頭が真っ赤になるくらいすりむいていました。
もっと早くお迎えにくればよかったね…。



DSC_1905 (640x481)
こういうときは慣れ親しんだユリウスと走り回らせた方が発散できるだろうと、ユリウスをラッキーの相手に任命。
ワカゾたちだと、そのパワーに押されてラッキーのほうが嫌がるので(笑)


昔はラッキーくんも音に対してこれほどの反応を見せませんでしたが、歳を重ねて出るようになりました。
サウンドシャイは、何歳からでも発症します。
突如ダメになってしまうことが多いものの、それでもその発症率を少しでも下げるためにも、パピーのうちに、さまざまな音を聞かせる練習を、意識的に行っていくことは大事。
そして一度サウンドシャイになってしまったら、それを慣れさせるのは難しいことが多いのが現実。さまざまな方法を使って、少しでも犬が緊張を緩和し、おだやかに生活できるようにしたいものですね。



いっぱい走って、もう走れないというくらいまで遊んで疲れさせて、ご帰宅。
このあとはお母さまたちが戻ってくるまで、寝て待っていてね(笑)

コメント

非公開コメント

プロフィール

Clea

Author:Clea
【Julius】
LR・♂
12才7ヵ月
加齢現象がみられるようになりました


【Lucia】
ES・♀
10才2ヵ月
絶賛想像妊娠中


【Glanz】
GSD・♂
7才2ヵ月
気圧変動による発作が止まりません


【Sirius】
LR・♂
4才6ヵ月
きょうだい犬の家に遊びにいく事が増えました


【Felice】
LR・♀️
4才6ヵ月
ノーズワークトレーニング中


【Alice】
LR・♀
4才6ヵ月
相変わらずストーカー犬です


【Sophia】
GSD・♀
2才7ヵ月
IGP訓練頑張ってるよ


【琥珀】
Cat・♂
推定11才
人犬ともモテモテで、引っ張りだこ


**お空へ**
【Mimosa】
Cat・♀
2007年8月15日生と推定。
2017年5月17日永眠
猫っぽくない猫でした。
9才9ヵ月でお空へ旅立ちました。

【Clea】
GSD・♀
2003年7月22日生
2018年4月13日永眠
初代相棒犬、14才9ヵ月大往生でした。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索