FC2ブログ

GRTの練習会

DSC_1351 (427x640)
昨日と同じC県内で、GRT(ガンドッグ・レトリーブ)の練習会がありましたので、はしご!
今日の出番は、ユリウスです。
おあつらえ向きの快晴で、とっても気持ちがよかった1日でした。



DSC_2925 (480x640)
各クラスのWanがいるので、練習する内容は同じでも、レベルを変えて。
今回、はじめて出す犬への指示があり、それをどうやって伝えるかなぁ? としばし、考え…。

やったことのない作業だけに、ユリウスの理解のクセを考えて、シンプルに。
「そうやって教えるな~!」と言われるかもしれないけれど、その犬にいかに混乱させず、その犬にとってスマートに理解できる方法があるならば、わたしはそれを採択します(笑)
もちろん「そうやって教えるな!」には、当然、そこにともなう悪いクセなり、犬の理解を妨げる可能性があるからこそそうなのかもしれません。でも万犬共通という方法はないので、付随する悪い可能性が、あとから消去できるものならば、まず形の理解、指示の理解を優先。

ユリウスは基本、素直なので、クセらしいクセはないのですけど、最短距離で理解しやすい方向性というのは、各犬によって違ってきます。
ユリウスに使った方法が、ではグランツに通用するか、ルシアに通用するかというと、そういうわけではありません。
実際に教えようとしたら、まずルシアで、大失敗に終わることでしょう。消去できないクセをつける可能性のほうが高い犬になります。ルシアにはルシアのクセを見越した指導をしなければなりません。

新しいことを教えるにあたり、わたしの最優先事項は、まず人がやることを完璧に理解していること。そして、教える犬のクセを読み切ること。
そのうえで、さまざまな方法です。
理解のクセを読み切っていたとしても、クセとは違う部分で、犬が理解不能になったり、できないということもあります。
そのいい例が、昨日のブログにも載せた、ルシアがいまだにできない「アラート」。
ルシアの頭の中に、「吠えて知らせる」というものがもとからインプットされていないので、どうやったらインプットできるか、それをあの手この手を試しているのです。
これはわたしのいう「犬の理解のクセ」とは違います。

これは犬種的には仕方がない部分かもしれませんね。
元来、鳥猟犬は見つけたら、立ち止まって、尾を止めて、静かに制止することで、「見つけたことを知らせる」のですから、それを「吠えて知らせる」ようにするのは、DNAに組み込まれた本能からすれば、真逆のことをさせているのですから、難しいといえば難しい。でも吠えないわけではないルシアなので、それをどうやって引き出して、「(ヘルパーを)見つけたら吠える」につないでいくのかが課題となっています。


おっと、話が逸れてしまいました。
今日はユリウスの話のはずでしたが、いまわたしの頭にある「難題」がルシアのアラートなので、ついついそっちに話が振れて行ってしまいます…(苦笑)





DSC_2944 (480x640)
かーちゃんはひどいですねぇ…
つまんないから、オレ、いじけますだよ!



本来ダミーは、こういう使い方しません(笑)。
待機中、めずらしく飽きてきたユリウスが、ダミーで遊べと言ってきたので、その場でダミーの保持練習をしながら、頭にもうひとつを重ねてみただけです(笑)

スマホ画像なのでちょっと画質悪いですね…。残念。





DSC_1343 (640x427)
ここでは、うち犬のなかで自分が主役とわかっているユリウス。
1日るんるんで、他のメンバーの方のところへ甘えにいき、座っている方がいれば、その膝の上に鎮座し、撫でられてご満悦になって声が出て(笑)…
「ユリくん、こんなに甘ったれだったっけ?」と笑われるくらいのあまたれ犬になっていました。




DSC_1414 (640x427)
3才年上のガイアスくん(向かって左)
ユリウスと同じお里出身の、スーパーラブラドールくん♪
競技会や、GRTの大会では一緒になることもあったけれど、練習会でははじめて!
会えると聞いて、楽しみにしていたので、画像のユリウス並に、わたしもにこにこしちゃいました~。

ユリウス、がっちゃんに似てるかな?(笑)





DSC_2917 (640x360)
練習会場の近くに、こーんな広いエリアがあったので、これはやるっきゃないでしょ~♪ と今回は2日間にわたって待機犬だったグランツの追及練習もしちゃいました。
いいな~、こっち。こんなに練習できるところあって…。
こっち来たときはかならずここに寄って、追及練習してこーっと(笑)


DSC_0764 (640x480)
もう1頭の待機犬ナナは、追及が終わった後、ここをひとっ走り!(画像は数日前のものですが)

なんにもお仕事がないのもつまらないね、ということで、ナナは、ただいまコワザをいろいろ習得中。
確実性が高くなったのは、「ごちそうさま」。
単純にお手をして、頭を下げるというもの(笑)
ナナのオーナーさんにお会いするときに見せられるコワザになれるよう、目下練習中です(笑)

コメント

No title

さすが、プロの考えることは奥深い・・・
しかし、白状すると仰る意味が良く分かりませんでした。

まず犬のことよく理解することが大切ですね?

私の場合深く考えずにとりあえずやってみる。
(考えてもそもそも引き出しが無いので)
当然失敗も多いし、犬を迷わせる原因にもなっているでしょう。
最短距離どころか、とてつもなくまわり道しているような・・・
「自分の犬だから、まあいいか」と思っていましたが、最近作業の「正確性」とかを意識した時、客観的な指導?助言?の必要性を痛感しています。

ぷりんママさま

練習会、お疲れ様でした!
渋滞には巻き込まれず、帰宅できましたか? こちらもJCT以外はすいすいで、2時間半かからず帰宅できましたよ!

あはは。
わかりづらかったですか。ごめんなさい。
むーん、文だけで説明しようとすると、なかなか難しいですね(笑)

わたしは、犬に、いかにシンプルに伝えるか、ということに主眼をおきます。
もちろんキャパシティを広げるという意味や、応用性をもたせるという目的ではこの限りではありませんが。

ぷりんちゃん、黙々とまっすぐ行かれるという、素晴らしい技術があるじゃないですか! これは出来ていて当然…と褒め忘れちゃかわいそうですヨ! 今度ぜひご一緒しましょうよ、GRT練習。
千葉組には負けていられないですよ、神奈川組も!(笑)

あ、いくつか撮らせていただいた画像があるので、もしよろしければメールフォームから、メールアドレスを送っていただけませんか? 画像送らせていただきます♪

No title

いつでもどこでも出来なければ技術?とは言えませぬ~(苦笑)

周囲の状況、場所等、様々な要因でへこたれるぷりこさん、お遊びの時同様はっちゃけモードで作業出来れば問題の大部分が解消されるのでは?と思います。
目下そういうモードに持っていくハンドラーの技量向上を目指しています。

後でメッセージ入れておきます!
非公開コメント

プロフィール

Clea

Author:Clea
【Julius】
LR・♂
11才7ヵ月
冬眠ならぬ夏眠中です


【Lucia】
ES・♀
9才2ヵ月
だらだらだら~


【Glanz】
GSD・♂
6才2ヵ月
今年は台風が少ないといいな…


【Sirius】
LR・♂
3才6ヵ月
スイミングに行きたい


【Felice】
LR・♀
3才6ヵ月
ソフィアがパワーアップしたわっ


【Alice】
LR・♀
3才6ヵ月
ストーカー度アップです


【Sophia】
GSD・♀
1才7ヵ月
暑さに弱いと言われました


【琥珀】
Cat・♂
推定10才
エアコンの風は苦手。ドライヤーの風は好き。


**お空へ**
【Mimosa】
Cat・♀
2007年8月15日生と推定。
2017年5月17日永眠
猫っぽくない猫でした。
9才9ヵ月でお空へ旅立ちました。

【Clea】
GSD・♀
2003年7月22日生
2018年4月13日永眠
初代相棒犬、14才9ヵ月大往生でした。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索