救助犬訓練

グランツの訓練、メスラブたちのアジリティ練習、クレアのこと、仕事と、土曜日がてんやわんやになることが多く、1月に入ってからは雪にじゃまされて、数か月ぶりの救助犬訓練参加となりました。

仕事がないユリウス。
このところめっきり老け込んで、元気がなくなってしまっていたので、それが気掛かりで、それならば好きな救助犬訓練に連れていったら元気になるかな? と思い、本日は、ユリウスのために連れてきたようなもの(笑)

おまけで、ワカゾ代表してシリウスも訓練。
ルシアは…なにがなんでも訓練したいという仔ではないので、一緒に連れ出してもらって、走り回れればそれで満足~♪なので、今回はとりあえずパス(笑)



DSC_0986 (640x480)
シリウス。
ヘルパーさんに「ご要望は?」と聞かれ、前回の練習から数か月空いていることもあり、短めの距離、アラートはできるけれど執着が薄いのでヘルパーに執着するようにしたい、とお伝え。
最初は名前を呼んで離れてもらい、徐々に離れていく姿だけを見せ、最後には、いつ隠れたかわからない状況でと段階を経て練習。
まだスタートラインでの「サガセ」モードが、経験が浅いために、意識が薄いので、送り出しながらわたしも一緒に歩き、途中から犬が鼻を使いだしたところでわたしはストップ。

だいぶ執着できるようになり、わたしがそばに行っても、ちかくで立ち止まっていても、耳でわたしの居場所を確認しながらアラートを続けることができるように。



DSC_0976 (480x640)
待機中の態度も現状ではハナマル。
数か月やっていなかったわりには、上出来。
このまま素直に伸びていけるように、磨きをかけていけるように、あとは経験を積むことですね。




DSC_1001 (480x640)
そしてユリウス。
こちらも最初は短めにしたものの、やることは理解しているので、ブランクを感じさせないPowerfulな作業に、すぐにいつも通りの距離、難度に引き上げ。
それでも食らいつくユリウス。

要望は、ユリウスは、ヘルパーを押し倒してしまう(笑)傾向があるので、それをさせないように、しようとしたら払いのけてもいいから、ヘルパーへの接触をさせない練習をしてほしいとお伝え。

結論としては今日は押し倒しをせず、ただヘルパーの顔のまえで、これでもか!とばかりにアラートしたそうです。
ケンカしているんじゃないんだから…(笑)
まぁでもこちらも前回、払いのけられたことを覚えていて、接触せずにアラートができたようで、ハナマル。

それよりもわたしが嬉しかったのが、久しぶりに見たユリウスの武者震い!
やる気全開モードになったときだけ出てくる武者震いが出て、それをみることができてうれしかったです。

まだまだオレはいけるぞー!っといわんばかりのユリウスでした。




DSC_0995 (640x482)
毎週は無理でも、月に1~2回はまた連れて来てあげられるようにしたいものです。
まだまだ元気で、楽しそうなユリウスの姿を、わたしも見ていたいですしね♪
がんばろう!
プロフィール

Clea

Author:Clea
【Clea】
GSD・14才6ヵ月
冬だからね、たくさん食べて、脂肪つけて、元気に春を迎えないとね!


【Julius】
LR・♂
10才0ヵ月
ちょっと年を感じるようになったと母ちゃんは言いますが、まだまだオレはやれますぜ!


【Lucia】
ES・♀
7才7ヵ月
下の犬のしつけはアチシが担当です。
もー、聞き分けのない仔たちでタイヘンよ!


【Glanz】
GSD・♂
4才7ヵ月
ぎゅうぎゅうオレに訓練詰めてきた母ちゃん。
まだオレ行けますぜ? へたれず、ついてこいよ、母ちゃん!


【Sirius】
LR・♂
1才11ヵ月
足が長すぎて、なんだか動きがバタバタだって言われます。
そんなこと言われても、オレにはどうしようもありません。


【Felice】
LR・♀
1才11ヵ月
ダッシュのスピードは遅いけど、相手の口からおもちゃを奪うのはお手の物。
一度奪ったものは、犬相手には渡しませんからねっ!


【Alice】
1才11ヵ月
肥えにくくなってしまいました。
それまでは素直に肥えられたのに、ナンデ?
動きすぎかなぁ?


**お空へ**
【Mimosa】
Cat・♀
2007年8月15日生まれと推定。
2017年5月17日永眠
猫っぽくない猫でした。
9才9ヵ月でお空へ住民票を移してしまいました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク